5/13(土) 大磯芸術村エピナール企画『インドに学ぶ』

5/13(土) 大磯芸術村エピナール企画『インドに学ぶ』 2部構成 前半 ジョーティッシュ 詳しくはチラシをご覧ください。 後半 「スロジャト・ロイ来日公演」 インド国内外で活躍するタブラ奏者スロジャト・ロイが5月に初来 […]

5/13(土) 大磯芸術村エピナール企画『インドに学ぶ』
2部構成

前半
ジョーティッシュ
詳しくはチラシをご覧ください。

後半
「スロジャト・ロイ来日公演」
インド国内外で活躍するタブラ奏者スロジャト・ロイが5月に初来日。
日本を代表するシタール奏者ヨシダダイキチとのインド音楽コンサートを開催します。

【日時】 開場18:00 / 開演 18:30
【出演】スロジャト・ロイ (タブラ) from India
    ヨシダダイキチ (シタール)
【料金】予約:3,000円 / 当日:3,500円 *共に別途ドリンクオーダー要
【予約】エピナール
    Tel : 0463-73-0948
    E-mail : info@epinard.net

フライヤーはこちら

※前半後半の通し特典/Liveの1ドリンクサービス

出演者プロフィール

スロジャト・ロイ / Surojato Roy
ラヴィ・ジャンカールやアヌシュカ・シャンカールと共に世界的に著名なタブラ奏者 パンディト・タンノイ・ボースの紹介で4歳よりタブラを始める。
20世紀の伝説的タブラ奏者 パンディト・シャンカール・ゴーシュに弟子入りし17年間のタブラ修行の後、オールインド・ラジオ賞、ドーバーレーン音楽賞、インド国立国際大学賞、 シャンカール・ゴーシュ記念賞等を受ける。
その演奏はサプタック音楽祭、アーメダバード・ハーバラブ音楽祭といった著名な音楽祭で絶賛され、 イギリス、フランス、アメリカ、ドイツ、スペイン、バングラデシュ等でのタブラワークショップ開催やイギリスで開催されたマスターズ・オブ・パーカッションにも招かれるなど、インド国内外で活躍を続ける29歳の才能あふれるタブラ奏者。

ヨシダダイキチ
1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。
200年近くに渡りシタールの可能性を探求しているイムダッド派の7代目ウスタッド・シュジャート・カーンの弟子。
YOSHIMI (ボアダムス/ooioo) とのユニットSAICOBABA、様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた AlayaVijana、シタール5〜30台を使ったユニットsitaar-tahで国内外のレーベルより多数のアルバムをリリース。また「ファティマとセミラ」「テュリ」「タラ」をUAに楽曲提供、奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」をプロデュース。
秋田民謡・梅若会、アルナングシュ・チョドリィ、アリフ・カーン、スダマニ、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、ジム・オルーク、デバシシュ・バッタチャリア、フェルナンド・カブサッキほか多様なジャンルの音楽家と共演。日本国内にとどまらず台湾、中国、韓国、インド等でも公演を行う。
多数の音楽祭、TV番組「題名のない音楽会」「ムジカ・ピッコリーノ」「ヨルタモリ 世界音楽旅行 -インド-」等やラジオ番組への出演、映画「マンガをはみ出した男ー赤塚不二夫」エンディング曲参加、シタールとインド音楽に関する本「シタールのほん」執筆など、多方面でボーダレスに活躍。
https://www.yoshidadaikiti.net/

今後のイベント一覧

お気軽にお問い合わせください

スタジオレンタル、イベント企画、カフェのご予約、ライブチケットなど、
24時間コンタクトフォームにて受け付けております。